ケノン 陰毛 薄く

MENU

ケノンで陰毛が薄くなるメカニズム

 

濃いアンダーヘアを薄くしたいと思っている人は多いですが、実は思っているだけで処理まで踏み切れていない方が多いです。理由としては、自己処理としてカミソリを使用すると黒いぼつぼつが目立つこと、また生えてくるたびに処理するのが面倒なこと、生えかけの時にチクチクして痛いことがあげられます。

 

また、エステに行くことに関しては、太くて剛毛な陰毛を人にがっつり見せるのが恥ずかしいこと、人より濃いことがコンプレックスだから見せたくないこと、値段が高いことを理由に渋っている方がいます。そこで、一躍注目されたのがケノンです。これは家庭用脱毛器なので、自分で好きな時にアンダーヘアに照射できます。さらにエステと同じフラッシュ脱毛方式を採用しているため安心して使うことができます。
全く陰毛をなくしてしまうということもできますが、ケノンでアンダーヘアを薄くしたいと考えている人もいます。これも可能なのですが、ケノンを使用することでどうして陰毛が薄くなるのでしょうか。

 

普通脱毛器では、毛根から毛を抜けるようにするため、ケノンも照射によって、指で引っ張ればスルリと抜けるようになります。ただ、照射は1回ですべてがつるつるになるわけではありません。フラッシュ脱毛の場合毛根にダメージを与えるため、次に生えてくる毛が弱くなり、結果細くなるのです。

 

よく、脱毛器でアンダーヘアを処理したら毛がまばらになってしまうのでは?と心配している方がいますが、毛が永久に生えてこないわけではないので大丈夫です。逆に言えば永久脱毛は不可能ということですが、週に1回の照射で薄くしていけるならそれで充分と考えている方にはオススメできます。

 

フラッシュ脱毛はメラニンに反応するため、黒いものがあればそれを攻撃します。アンダーヘアの場合、剃ったばかりだと毛根に刺激が送られます。これを続けていけば毛はふんわりしていき、一本一本の毛が細く、全体としては薄くなるというメカニズムです。はさみで梳くのとはまた違うエステ級の仕上がりになるのは嬉しいですよね。