アンダーヘア処理 ケノン

MENU

ケノンのアンダーヘア処理方法

 

今やデリケートゾーンのアンダーヘアをお手入れするのは女性のたしなみでもあります。
水着やかわいい下着を身に着けた時にアンダーヘアのはみ出しを気にしなくても良くなりますし、デリケートゾーンを衛生的に保つことができます。

 

皮膚が薄く粘膜部分が近いアンダーヘアのお手入れは、自己処理だと肌を傷つけやすいです。
毛も太くて濃い部分ですから、シェーバーで剃ってもすぐに生えてきてしまいますから、家庭用脱毛器で安全に処理するのがおすすめです。

 

大人気のケノンなら、アンダーヘアのお手入れも手軽に行えます。
脱毛サロンでVIO脱毛をするのは恥ずかしいという方でも、ケノンなら同じような効果が得られますから、お家でこっそり自分で脱毛できてしまいます。

 

ケノンでアンダーヘア処理する前にまず、照射する部分のアンダーヘアを剃る必要があります。
Vラインは最初に形を決めておいて、その部分は残して周りだけ剃るようにしましょう。

 

Vライン用のテンプレートが売っていますから、それを使うと手軽にできます。
好きな形のテンプレートを選んでVラインに当てて、外枠にペンなどで印を付けておきましょう。
印の外側を肌に優しい電気シェーバーなどで剃るだけで準備完了です。

 

そのまま剃るとアンダーヘアは長いですから、いったんはさみやヒートカッターで短く切ってから、電気シェーバーなどで剃ればやりやすくなります。

 

いよいよケノンの出番です。
照射する前に保冷剤でしっかりと脱毛部分を冷やしましょう。
皮膚が薄いデリケートゾーンは痛みを感じやすい部分ですから、しっかりと冷やすことで痛みが和らぎます。

 

ケノンのアンダーヘア処理の際の照射レベルはやや低めから始めるのがおすすめです。
これなら大丈夫だと思ったら、1つずつレベルを上げていくのが良いでしょう。
先ほど印を付けた部分に順番にケノンで照射していきます。
全部照射が終わって肌が火照っているようなら、再度保冷剤や冷たいタオルで肌が落ち着くまで冷やしましょう。

 

アフターケアとして、保湿はしっかりと行いましょう。
保湿ジェルやローション、クリームなどを塗ってあげて、乾燥しないように気をつけましょう。